必要なところの毛だけを処理しています

身体に生えている毛って本当は自然なものなので、そのままにしておけるならそのままがいいんですよね。
髪の毛が自然に生えてくるように、体毛だって自然に生えてくるのです。
そしてある一定の長さまで生えると自然に成長が止まるのです。
まるでコンピュータのようです。
こんなに膨大な数の体毛があるというのに、わたしたちが何にも意識していないのに、体毛は勝手に抜けたり生えたりを繰り返しています。
考えてみれば体毛というのはすごいことを繰り返しながら、わたしたちの肌を紫外線とかゴミとか虫の被害から守ろうとしてくれているのです。
普段意識していないけれど、どれだけ体毛に肌は守られてきたのでしょう。
それを思ったら、むやみやたらに脱毛したりムダ毛の処理をするのは良くないと思うのです。
だからわたしはわき毛と鼻の下に生えてくる黒っぽい毛と、それから脛に生えている少し目立つ毛だけをカミソリで剃っています。
これはマナーというか大人女性のたしなみのひとつとして行っていることです。
必要以上に体毛を剃ることはしません。
体毛だって自分の身体の一部だからです。