非日常の体験

昨日初めてヒッチハイクする人を車に乗せました。
以前からなんだかちょっと面白い出会いがありそうでやってみたかったんです。
大概は日本人でしかも行く方向とは反対方向に行こうとする人ばかりで、乗せたことがなかったのです。
たまたま、遠くの病院に知り合いのお見舞いに行った帰り道で出くわしたわけです。
あ、ヒッチハイクだ、え、金髪の外国人だ、どうしょうかな。
行き先はちょうど私の家の近く。
よく見ると「日本語OK」。
これは乗せるしかない!ちょっとドキドキしながら車を止めました。
すごく長く待ったそうです。
立っていた位置は車の通りもいいし、先の方に止めやすい場所もありました。
ドイツから来たそうで19歳の大学生。
今回が2度目の来日だそう。
日本語、普通に不自由なく会話できるので本当にびっくりでした。
「どうやって覚えたの?大学で?」と聞いたら片言を覚えてあとは旅しながら実践で覚えたそうです。
うん。
いい人と巡り合った。
道中はドイツ語を教えてもらったり家族の話とかほんとに楽しかったです。
これから3週間後にドイツに帰るそうで東京までヒッチハイクするんだって。
こんなたまに非日常もいいものだわ。